設立五十周年記念式典


佐賀土地改良区は、市の江土地改良区、大井手土地改良区、西芦刈水道土地改良区、東芦刈水道土地改良区が合併し、昭和41年9月16日に佐賀県知事から認可を受け、設立してから五十周年の節目を迎えました。

今回五十周年を記念して、去る11月24日に「佐賀土地改良区設立五十周年記念式典」を開催したところ、九州農政局、佐賀県、佐賀市、小城市、また関係する団体や企業、当改良区の役職員OB、さらには姉妹協定を結んでいる台湾省石門農田水利会の方々に御臨席を賜りました。式典では、佐賀土地改良区で長期にわたり理事、総代を務めていただいた金立町の眞島様と北川副町の江口様を功労者として表彰させていただきました。

式典にあたり、佐賀土地改良区設立から現在までの歩みや、施設の状況、当土地改良区の取組み等をまとめた記念誌を作成しましたが、改めて先人の水を御する知恵と技に感心させられました。

 五十周年の節目を迎えることができたのは組合員や各関係機関の皆様方、また先人たちが残された貴重な財産のおかげであり、受益地全体に安定した農業用水を届けると伴に貴重な財産を後世に引き継ぐことを使命としてより一層努力してまいります。


 

会場内


 

式辞 理事長


 

台湾省 石門農田水利会 呂会長



功労者表彰